店舗デザインで重視したのは入店のしやすさ!

友人から店舗デザインを頼まれました

友人から店舗デザインを頼まれましたカラーリングを正反対に方向転換いろいろと改善すべきポイントが見えてきました

職場のデザインに関わったことがあり、その経験を活かして店舗デザインを友人から頼まれました。
3年目の飲食店ですが、売上の低下が顕著でこのままでは廃業せざるを得ません。
リニューアルオープンして巻き返す計画であり、店内の内装やレイアウトも一新する予定です。
そう聞かされて応援する気持ちになりましたが、自分がデザインするというのは抵抗が大きいです。
なぜなら店舗に関する知識は皆無に等しくて、何をどうすれば良いのかまったく分からない状態だからです。
その理由を述べて丁重に断ろうとしたのですが、友人は少しも納得してくれません。
こちらのセンスを信じて疑わず、絶対に良い店舗デザインを実現してくれると考えています。
そこまで信頼をアピールされると、無下に断ることも難しくなってきました。
それでもまだ迷っていたのですが、最後の一言を聞いて決心が固まることになります。
それは「自分好みの店に仕上げてくれて構わない」という言葉です。

先週末に店舗内装工事が無事終了し、検査も問題なく通りました。

新しいショップカードも出来上がり、現在モリモリ開店準備作業中です。

(写真は引渡し直後の何もないピカピカの状態)

というわけで、今週末の土曜日、11月16日にオープンを予定しております!
屋号は「囲茶菓家(イサカヤ)MAR」です。
pic.twitter.com/NaIDDaJrMz

— 囲茶菓家/チャノミティースペースMAR (@karimono_mar) 2019年11月11日

店舗デザイン / すべての地域のデザイン