店舗デザインで重視したのは入店のしやすさ!

いろいろと改善すべきポイントが見えてきました

最初は全面をガラスにしようかと悩みましたが、客のストレスになりそうな気がしたのでやめました。
それを伝えると友人は驚いた様子でしたが、任せると言ったので反対できない様子です。
多少強引で申し訳ないと思いましたが、最終的に素敵な店舗にするつもりだったのでそのまま進めました。
次に出したのは、店内のインテリアを総入れ替えする案です。
高級感を演出するために皮張りのソファを使っていましたが、威圧感が強くて落ち着きにくくなっています。
それをカジュアルな木製の椅子に変更すれば、さらに明るい雰囲気をつくれますし、スペースに余裕を出すことも可能にです。
それに伴ってテーブルも、大理石風の黒いものから北欧風の白いものに変えることにしました。
もちろん、サイズを一回り小さくすることも忘れていません。
友人はスペースを最大限まで利用していましたが、自分は余白の美学を大切にするタイプです。
テーブル間の距離をこれまでの1.5倍ほどにして、全体的に自由度が高く感じられるようにしました。
それ以外のポイントとしては、出入り口の近くには座席を配置しません。
リラックスしにくいので座りたくないと思い、それが原因で来店しなくなる客もいると感じたからです。
そうやって客の視点で考えていくことで、いろいろと改善すべきポイントが見えてきました。
それに基づいてリニューアルがなされ、集客力が上がったので満足です。

友人から店舗デザインを頼まれましたカラーリングを正反対に方向転換いろいろと改善すべきポイントが見えてきました